News

(祝)日韓国交正常化50周年!!6月活動報告

こんにちは、10期会長の岡部です。

1週間前の6月22日は、日韓の間で国交が樹立してから50年という記念の日でした。50年という歳月の中で未だ解決していない問題も多くありますが、両国間の文化交流や人的交流はこの50年間、確実に前へ前へと進んできたと感じます。
今後とも、たくさんの人が「韓国人との顔の見える交流」や「実際に運んで直接に韓国を感じる」ことを大事にしていければ、更なる相互理解や友好関係に繋がるのではないかと期待が膨らみます。
私たちJKSFFも、まだまだ未熟ではありますが、青少年の日韓交流をリードしていく気持ちで、日々活動を続けてゆきたいと改めて感じます。

10期も残るところあと3か月となりましたが、会長として日韓の節目の年に会を引っ張っていける立場であることを本当に嬉しく思っています。

それでは、6月の活動報告に移らせていただきます!

①後期第三回勉強会
→韓国で感染が広まった「MERS」と「セウォル号事件から1年-韓国の乗り物にまつわるあれこれ-」という2つのテーマで、勉強会を行いました。
韓国は日本より入院患者へのお見舞い者が多く、患者の親戚から友人までたくさんの人が病院を訪れることが感染拡大の1つの原因になったという話が印象的でした。一刻も早い完全な終息を願うばかりです。
又、後者の内容の中では、韓国の免許取得過程について詳しく学び、韓国での免許取得がとても容易で費用も格安だということが分かりました。

②韓国の企業についてと揺れる世界遺産認定問題についての勉強会
→今回は企画班も“ガッツリ”学ぶ勉強会を用意してくれました!(笑)
韓国の有名企業をいくつかピックアップして設立経緯や事業内容などを確認したあと、明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録について韓国が反発している背景について学び、今後の展開を探りました。
こちらについては、その後世界遺産認定に向けて日韓協力していくという前向きな方向で事態が落ち着き、とても良かったと思います。

③SFF(未来会議)参加者事前合宿/第三回SFF(未来会議)参加者ミーティング
→国立青少年オリンピックセンターにて、8月に行われる第10回日韓学生未来会議に参加するメンバーで1泊2日間の事前合宿を行いました。
未来会議本番に向けて、プレゼン能力や韓国語の強化を中心に行い、事前合宿用のチーム編成も行われ、発表準備にも取りかかりました。
未来会議準備委員より第10回日韓学生未来会議の趣旨やテーマの再確認もあり、本番に向けて士気を高められた実りある合宿でした。

事情により参加ができなかった2名を含め、これからも結束を高めてまいります!

1週間後には、再び参加者ミーティングが行われ、合宿に来ていただいた講師の方々へお礼状を書いたり、7月の中間報告会やチーム・係の進捗状況の確認を行いました。

④第9回韓国語勉強会
→今回のテーマは「夏」。夏をテーマにした単語や表現の練習を行い、夏らしく爽やかに、ペアのスキットも盛り上がりました!(笑)
男子ペア2組の様子です。楽しそうですね♪♪韓国語学習というと女子のイメージが強くその傾向は確かに強いですが、JKSFFでは男子勢も韓国語に一生懸命です!

 

最後になりますが、6月27日には、第22回日韓高校生交流キャンプ事前説明会に、正副会長・未来会議準備委員長・広報班長・キャンプボランティア1名の計4名が参加させていただき、団体紹介やキャンプ体験談をお話しさせていただきました。
私も4年前キャンプ事前説明会に参加者として参加し、すごくワクワクしていたのを覚えています。キャンプで素晴らしい日韓交流のスタートをきれたこと、今でも親交の深い日韓のチームメイトに出会えたこと、そしてキャンプのOBOG団体であるJKSFFで今こうしてたくさんの貴重な経験をさせていただいていることを思うと、4年経った現在、再びキャンプの事前説明会の場にあの時より成長した姿でいられたことは、大変感慨深いものでありました。

第22回キャンプ参加者の皆さん、ぜひ全力で楽しんできてください!
8月に行われる新歓にて、JKSFF一同、お待ちしております!!!

これから日に日に暑さが増してくるかと思いますが、キャンプ参加者の方々、そして日頃JKSFFにご支援ご協力いただいている皆様も、体調にはくれぐれもお気を付けください。
それではまた、7月活動報告にてお目にかかります。