マイブログ

No.2

こんにちは。広報の井上慧です。

2度目のブログ。今日から本格的に書き始めていこうかと思います。
今回は、ラジオについて書きます。

僕は1日に約2時間ラジオを聞きます。僕の家から学校までは電車と徒歩で片道約1時間、往復で約2時間。この時間を利用して僕はラジオを聞いています。聞いているラジオのほとんどは前日の深夜の番組です。前日の放送を聞くにはradikoというアプリのタイムフリー機能がとても便利。1週間前までの番組なら自分の好きなタイミングで聞くことができます。

深夜番組の面白さは、普段テレビで見る芸人さんやミュージシャンの素の姿が垣間見えるところだと思ってます。そのラジオでの姿を知ってからテレビを見ると、見え方が変わってきて更にその人が好きになるっていうのがよくあります。また、自分はこの人のテレビ的じゃない一面を知っている、という多少の優越感も得られます。

でも、ラジオって音声だけだから退屈じゃない?って思ったアナタ。
違う!誤解!

音だけで繰り広げられるスタジオ内のエンターテインメント空間を頭の中で展開することによって、テレビよりも断然面白くなります。視覚が削り取られているからこそ働く想像。これもラジオの大きな魅力です。

また他にも、テレビにはないラジオの大きな魅力があります。
それは、リスナーとの双方向性が非常に強い点です。
ラジオでは常にリスナーからのメールやハガキ、FAXなどを募集していて、毎回の放送でそれらが紹介されます。正直、自分の投稿が読まれることは稀です。(でも、一部のいわゆるヘビーリスナーやハガキ職人と呼ばれる人の中にはほぼ毎回読まれてる人もいる…羨ましい!)でも、そんなリスナーの投稿からその日の放送の内容が変わっていったり、1つの投稿からどんどんと話が広がって週またぎでその話題が放送されたりなど、リスナーとの結びつきが非常に強いのがラジオの面白さです。

自分の投稿が読まれた瞬間、これに勝る喜びはなかなか無いですよ。
僕は2〜3回あります。もっと読まれたい…。

さて、つらつらと書いてきましたが、ラジオの魅力を分かっていただけたでしょうか?
是非、ラジオを聞いてみてください。今はスマホアプリで聞ける時代です。
まだまだ紹介し足りないくらいですが、今回はこの辺で。さようなら。