News

日韓学生フォーラムさんとの合同勉強会!

投稿日:

こんにちわ。JKSFF会長の岩井です。

24日に日韓学生フォーラム(JKSF)さんと合同で勉強会を行いました。

初めに、お互いの団体紹介をして、グループに分かれてディスカッションを行いました。

団体紹介ではJKSFさんの動画を見せてもらい、メインのフォーラムがどんな感じなのか雰囲気は掴めました。我々の未来会議と同じように、アットホームな雰囲気が印象的で、同じ日韓交流団体を主体的に行っている身として、不思議と嬉しい気持ちになりました。我々はキャンプ参加者のOB・OGで構成しているため、残念ながら学生なら誰でも入会できる訳ではありませんが、何かしらのきっかけで韓国に興味を持ち、日韓交流活動を積極的に行おうという学生さんがJKSFさんのようなオープンな団体で活動できれば、我々にとっても大変喜ばしいことでしょう。そういう学生さんが地道に増えれば、今後の日韓両国の関係はより近いものになるのではないでしょうか。我々は、そういった意味で高校生交流キャンプ経験者ならではのことをしていければ、いいのではないかと思います。

ディスカッションの部門では、「日韓併合をどう捉えるのか?」「歴史を学ぶ意味とは?」という2つのセッションにわけて行いました。テーマがセンシティブで難しい部分もありましたが、第6回未来会議で歴史教育を扱う前のいい勉強になりましたし、JKSFさんは大学3、4年生が中心で活動しているので、私だけでなく高校生のみなさんも色々と得たものは多かったと思います。

私個人的にも、韓国に興味のある初対面と議論したり、語り合うことは、とても勉強になりますし、とても楽しいです。余談になりますが、先日も都議会議員の方で韓国好きの方とお話する機会がありまして、なかなか面白かったです。とは言いましても、まだまだ私自身、韓国に関する知識も見解も不十分です。より深みのある議論ができるように、みなさんと一緒にJKSFFの活動や大学の講義等を等して貪欲に勉強していきたいと思います。

日韓学生フォーラムのみなさん、お忙しいところありがとうございました。今後とも継続的にこのような機会が設けられたらと思います。今後ともお互いに頑張りましょう!

次回の定例会は5月8日です。勉強会の部のテーマは「日韓の文化比較」です。

会議室が溢れるくらいたくさんの方が参加されるのを楽しみにしています。  ではでは^^