News

日本経済新聞『私の履歴書』に紹介されました!

こんにちわ。会長の岩井です。 今週末は台風の影響で雨がすごいですね・・・

瀬戸雄三さんが連載しています5月28日(土)付の日本経済新聞朝刊『私の履歴書』にて、我々の母体である日韓高校生交流キャンプ及び、日韓学生未来会議について掲載されたのでご報告させていただきます。

瀬戸雄三さんは元アサヒビールの社長・会長を務めておられまして、また我々がいつもお世話になっております日韓経済協会の会長も務めておられました。記事にも掲載されているように、日韓高校生交流キャンプの発起人であり、この方なくして今の高校生交流キャンプ及びJKSFFはありません。

先輩によりますと、2006年の我々JKSFFの前身である日韓高校生交流キャンプOB/OG会の設立時には、献身的にご協力してくださった良き理解者であり、日韓高校生交流キャンプOB/OG会の設立総会は墨田区にありますアサヒビール本社にて開催させていただいたそうです。

掲載された記事には

”キャンプを経験した高校生が大学生になり、自発的に「日韓学生未来会議」という会を開催している。お互いを理解し合った彼らは実社会に飛び立ちリーダーとなる。「近くて遠い国」になるのは間違いない”

とお褒めの言葉を頂きました。これを励みに、会員のみなさんには誇りと自信を持って積極的に活動してもらいたいと願っています。

日経の『私の履歴書』は瀬戸さんが5月21日から連載されているのですが、この日の記事以外でもスーパードライのヒットで業界シェア1位を奪還したお話など、興味深いことを書かれていますので、みなさん是非ご一読いただけたらと思います。

私がキャンプに参加した当初は確か、日韓経済協会の会長は東レ会長の飯島会長でしたので、瀬戸さんと直接はお会いしたことないのですが、いつの日かお会いし、我々の活動を胸を張ってご報告できれるように、これからも頑張りたいと思います。

「(社員の)皆さん、お得意先、苦労されてきた先輩がもらう花束です」

「社長業は駅伝と同じだ。必死で走り順位を上げて、バトンを渡す。企業が若返るために」

この記事を読んで、私は当団体の先輩方のことと照らし合わせて考えました。発足時の第1期~の先輩方の努力なくして、今のJKSFFはないのだなと。もちろん常日頃、周りの方々に感謝しながら活動しているつもりですが、今回はより一層そのようなことを実感させてもらいました。

最後に、東洋経済日報の電子版にて昔の写真が掲載されていましたので、添付させていただきます。