News

新年あけましておめでとうございます。

投稿日:

新年、あけましておめでとうございます。
JKSFF第9期会長、秋山です。

2013年はJKSFFにとって、特別な1年となりました。
2度の駐日本韓国大使との懇談会、2年ぶりに日本で開催された第8回日韓学生未来会議など、様々な方にご協力いただきこのように充実した活動が行えていることに本当に感謝いたします。
2014年も、JKSFFは第9期として様々な活動に挑戦し、ひとりひとりの会員だけでなく、草の根の交流を生かし広く社会に貢献できるような存在になれたらと思います。
今年も変わらぬご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

さて今回は、2013年最後の活動であった12/15の活動をご紹介します。

12/15は企画班による勉強会・未来会議実行委員による活動の2つを行いました。

企画班の活動では、日韓にかかわる時事問題として「反日活動」を取り上げ、メディアでの報道や映像資料を使いながら「なぜ反日活動が起こるのか、その内容とは」を知識共有し、議論しました。
勉強会を行っていく中で様々なテーマを学んできましたが、
繊細な問題がとても多いのが議論や学ぶことの難しさだと感じます。
参加者にとって、日韓交流を行うものとして相手の国と自分の関係を見つめなおす機会となったのではないでしょうか。

また、活動の後半では日韓学生未来会議に向けた第2回目の活動を行いました。
会議テーマに関する議論、開催地決定報告のち、会員全体で未来会議内での交流プログラムについて議論しました。
まず、準備委員から韓国のパートナー団体であるKJSFFの準備委員との間で話し合われた5つのテーマカテゴリーについての説明があり、これらをより充実させるにはどのような工夫ができるか話し合いました。
また、今回の未来会議の開催地は【韓国・大田(テジョン)】に決定しました。
未来会議での交流プログラムを考える場面では、男子グループと女子グループに分けてアイディアを出し合い、議論を行いました。
韓国での5日間の未来会議では、会議だけでなくこうした交流プログラムを通して、より強い絆を育んで参ります。
いよいよ、実際に韓国・大田にて開催する未来会議準備会議が2月に迫りました。
KJSFFのメンバーとの連携を強くし、実りある第9回日韓学生未来会議を築いていきたいと思います。

最後になりましたが、
いつもJKSFFの活動に関心を持っていただきありがとうございます。
これからも、第9期JKSFFへの温かい応援をよろしくお願いいたします。