News

1月活動報告

今年は例年にない寒さとのことですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、センター試験が行われるなどいよいよ本格的な受験シーズンに突入しました!受験生のメンバーも多いため、少しそわそわしています。

JKSFF会長の秋山です。

 

今回は1月の活動報告として、1/5の初詣企画・勉強会、1/15の未来会議にむけた活動のふたつをご紹介します!

 

*1/5

1/5は、2014年最初の活動として初詣企画を行いました。

 

 

 

 

 

 

メンバーと共に明治神宮へ参拝しました。

おみくじを引いたり、屋台ご飯を食べてあたたまったりしながら年の始まりのまったりとした時間を過ごしました。

 

年の始まりにたてた目標は実現するそうですね。

みなさんは初詣、何をお願いしましたか?

 

 

 

午後には高校生会員による「在日コリアンについて」の発表・ディスカッションを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

学校の卒業研究として学んでいる会員による豊富な資料と実際のインタビューなどの声をもとに定義や歴史、最近のニュースなどから、在日コリアンの過去・現在・未来について深く考える機会となったのではないでしょうか。

私が印象に残ったのは、勉強会中に紹介されたサザン・オールスターズの「ピースとハイライト」という曲です。

日韓交流を行っていくなかで、歴史を知ることや日韓の間にある問題を知ることは重要ですが、

それ以上に、この歌詞にあるように、私達は韓国と手を取り合って未来に向かって歩んでいける方法を学生視点で考えていきたいと改めて感じました。

 

*1/19

第9回日韓学生未来会議に向けた活動として「日韓国交正常化50周年」に関する理解を深める勉強会・ディスカッションをしました。

今回の未来会議のテーマが決定し、いよいよ具体的に会議を行うカテゴリを決めたり、スケジュール原案の作成という段階にさしかかっています。

まず、未来会議準備副委員長による50年史の知識共有があり、その後今までの50年とこれからの50年について会員同士で意見交換を行いました。

また、最終目標である「憲章」作成に向けて、どのようなプロセスでどんな完成を目指すのかを共有し具体的にしていきました。

 

 

 

 

 

 

KJSFFメンバーとの交流プログラムもアイディアを出し合いましたが、こうしたどんどん自分たちの意見がしっかりと反映されていくのが未来会議の良い点であると再認識しました。

こうしたJKSFFでの活動の結果は委員がまとめ、KJSFFのメンバーとの会議に生かされていきます。

来月は未来会議準備会議として、実際の開催地である韓国・大田を訪問します。

大田での下見はもちろん、KJSFFメンバーと直接議論ができる機会があることが一番楽しみです!

第9回日韓学生未来会議についてはJKSFF Facebook ページを通じてみなさまにお伝えしていきますので、

こちらもぜひご覧ください。

JKSFF Facebook ページ: https://www.facebook.com/jksfffrom2006

 

まだまだ寒さの厳しい日が続きますが、みなさまご自愛ください!

いつもJKSFFへ関心を寄せていただきありがとうございます。これからもなにとぞよろしくお願いいたします。