News

11月活動報告

こんばんは。
10期会長の岡部です。

早いもので今年も残すところ10日余りとなりました。
皆様にとって2014年はどんな一年になりましたでしょうか?

JKSFFでは、第9回日韓学生未来会議の開催や第21回日韓高校生交流キャンプへのボランティア参加、日々の定例会の活動など、今年も大変充実した活動を展開することができました。
日韓経済協会をはじめとし、ふだんからご支援いただいている方々、そして、これまでJKSFFを築き上げてこられた多くの先輩方のおかげで今年も無事に1年間活動させていただきましたことを、会員を代表して感謝申し上げます。

それでは、JKSFF11月の活動報告をさせていただきます!

①日韓の童話比較をしてみよう企画
→読書の秋、ということで、韓国にはどのような童話が存在しているのか、日本の童話との共通点や相違点は何なのかを、楽しく勉強しました。
実際に韓国の童話の日本語訳を朗読したり、童話から読み取れる韓国文化を探ったりと、ふだん焦点を当てることのなかった童話という素材から日韓比較を行いました。
私が印象に残ったのは韓国版「うさぎとカメ」の朗読で、日本版「うさぎと亀」では亀が賢いですが、韓国版「うさぎと亀」ではうさぎが賢く描かれていて、その違いが面白かったです。(内容も全然違うんです!笑)

10期をイメージしたポーズです!(笑)この日は高校2年生~大学3年生までのメンバーが集い、高校生と大学生で構成されているJKSFFらいしなと嬉しくなりました♪

②JKSFF×JKSFFWest合同勉強会@大阪
→関西を拠点に活動するパートナー団体・JKSFFWestと私たちJKSFFで、合同勉強会を行いました。JKSFFから6名が大阪へ出向き、勉強会の後はお好み焼きをいただきながら、JKSFFWestメンバーとの親睦も存分に深めました。
勉強会の内容は「日韓の歴史」で、靖国参拝問題・教科書問題・領土問題の3チームに分かれ、現状の把握や問題に対するそれぞれの意見交換を行いました。
日韓の間に根深く存在しているこのような問題から目を背けることなく、冷静な視点で客観的に情報を分析し、様々な主張を理解した上で自分の意見を持つようになることが重要ではないかと思います。そのための良いきっかけになった勉強会だったのではないでしょうか。

JKSFFとJKSFFWestの合同写真です!これからも活発に交流していければ良いなと思います。

③日韓国交正常化50周年についての勉強会
→今年の8月に開催された第9回日韓学生未来会議のテーマを引き継ぐ形で、第10期JKSFF前期勉強会のテーマは「日韓国交正常化50周年」となりました。
今回は初回ということで、そもそも国交正常化とは何なのかを基礎から学び、国交正常化してから今までの日韓の歴史を勉強しました。
政治に目を向けると戦後の賠償問題をはじめ未だ尾を引いている問題はたくさんありますが、その一方で、韓流ブームによって民間の文化交流が促進され、草の根レベルの日韓交流は着実に発展していったことが分かりました。
終盤には、来年日韓が国交正常化50周年を迎えた時、「きっとこんな催しが行われるのではないか…!」という会員による大予測も行いました。政府関係者ではなく、日韓友好に貢献した日韓文化人が共同宣言を行う、というある会員の案はぜひ実現されてほしいと感じました。

④第2回韓国語勉強会
→今回は、韓国語学習の最初の関門ともいえるパッチムの読み方について学びました。パッチムを完璧に理解すればハングルは全て読めてしまうので、一つ一つ丁寧に発音や読み方を確認していきました。

 

11月の活動は以上となります。
今週末にはJKSFF年内最後の活動を控えており、寒さに負けずJKSFFメンバーは元気に活動しております。
そんな12月のJKSFFの様子はまたこちらのブログにてご報告させていただきますので、楽しみにしていただければ幸いです。

最後になりますが、本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。
2015年のJKSFFもどうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えくださいませ。